2.2.2 欧州の現状

(1) 概略
 欧州については、ESN(European Society for Neurochemistry)等の協会が作成しているリンク情報(http://www.esnweb.com/ESN_Links.html)及びKing's College(英国)のNeuroNet(http://www.ph.kcl.ac.uk/neuronet/index.html)など、大学が作成しているリンク情報を基に検索した。
 欧州における神経科学関係のホームページでの情報公開は、視覚モデル等の認知に関する分野で進んでいる。大学と企業の共同開発によるモデル開発、パッケージソフト化、販売の動きが盛んであり、Web上で得られるモデルも視覚系が多い。視覚系分野はある程度確立された分野であり、古いモデルの焼き直し、寄せ集めに留まっているような研究も多いことが指摘されているが、視知覚の問題を日常の興味に結び付けようという、独自のアプローチをとる研究者が多いことが欧州特有の内容として評価されている。
 Web上でのデータ収集・蓄積に関しては、米国のHBP(Human Brain Project)やHBA(Human Brain Atlas)への協力が広く推進されているが、欧州としての全体的なプロジェクトは見られず、個々の大学、研究所での取り組みレベルとなっている。ツールに関しては、SPM(Statistical Parametric Mapping:英国)やFAST(FORWISS Artificial Neural Network Simulation Toolbox)など、国際的に高い評価を得ているものが公開されている。検索サイトとしては、ロンドン大学がコーディネート役を務める神経科学関連の検索サイト「NeuroNet」がEU各国の保有資源を収集、リンクする試みをしており、充実している。
 神経科学の分野は、スウェーデン、フィンランド、デンマークなどの北欧各国、ベルギー、オランダ、英国、ドイツ、フランス、スイス、イスラエル等、それぞれに取り組まれており、ホームページも充実している。その中で、「Neuroinformatics」という単語を使用した学部・研究所が設置されている所も多く、例えば、ドイツのRuhr大学の「The Institut fur Neuroinformatik (INI)」、Bonn大学の「Department of Computer Science VI (Neuroinformatics)」、デンマークのTechnical University of Denmarkの「THOR Center for Neuroinformatics」などがあげられる。
また、European Working Group on Neuroinformaticsの公式サイト"Neurope-Line" (http://neuropeline.forwiss.tu-muenchen.de/index.html)では、オンラインでNeuroinformaticsに関する各種情報(研究者、ワークショップの案内、Neuroinformaticsの定義等)を提供している。これは、Erlangen大学(独)及びミュンヘン工科大学(Technical University of Munich:独)の共同研究機であるFORWISS(the Bavarian Research Center for Knowledge-Based Systems)が構築・維持しており、その情報は、ヨーロッパ中心であるが、ヨーロッパ内に限らないとしている。

(a) 神経科学関連協会
 以下に、欧州における神経科学研究を推進している団体をいくつか紹介する。

ESN(European Society for Neurochemistry)
 <http://www.esnweb.com/
 ・ 代表者:Pam Fredman(Goteborg大学, Department of Clinical Neuroscience, Section of Psychiatry and Neurochemistry, Molndal Hospital, Sweden)

FNS(Federation of European Neuroscience Societies)
  <http://www.fens.org>
 欧州における神経科学分野の研究、教育を発展させる目的で設立された。Austrian Neuroscience Association、Brain Research Society of Finland、British Neuroscience Association、Czech Neuroscience Society、Israel Society for Neurosciense 、IBANGS(International Behavioural and Genetics Society)など、西欧、東欧、中東各国の神経科学協会をリンクする連合組織となっている。
International Brain Research Organization (IBRO) やEuropean Neuroscience Association (ENA) などとも協力体制にある。
フォーラム、スクール、出版("European Journal of Neuroscience")などを実施している。
 ・ 代表者:w.h.gispen(オランダ)

EBBS(The European Brain and Behavior Society)
 <http://www.uio.no/~terjesa/ebbs/>
 脳のメカニズムと機能に関する研究者間の交流を目的として1968年に創設された団体で、毎年会合を実施している。
  ・代表者: Barry J. EVERITT
   Department of Experimental Psychology University of Cambridge

ENS(the European Neurological Society)
 <http://www.ensinfo.com/>
 欧州における神経科学の発展のために1986年に創設された。
  ・代表者:Thomas BRANDT

(b) NeuroNet
 <http://www.ph.kcl.ac.uk/neuronet/index.html
 NeuroNetは、英国のKing's Collegeがコーディネータ役を務める検索サイト。神経ネットワーク関連のソフトウェア、ハードウェア等のリンク集。今後、研究者データベースも整備されていく予定である。

fig:2-12
図 2-12 NeuroNetのホームページ

(c) Multiple Modalityimages of Heads
 <http://www-ipg.umds.ac.uk/archive/heads.html>
 MRIによる画像のデータベースを作成、Web上で閲覧可能となっている。作成者はDerek Hill(King's College London:Computational imaging science group。

fig:2-13
図 2-13 Multiple Modalityimages of Heads

(d) SPM(Statistical Parametric Mapping)
 <http://www.fil.ion.ucl.ac.uk/spm/>
 SPMは、基本はHummer Smith氏が開発した。脳の賦活部位を統計学的なデータを用いてピクセルごとに算出できるものである。3次元の画像上にMRIを重ねたり、ACPC(原点)から何ミリ上の何ミリ横など、XYZの座標を計算することができる。世界的に使われている「タライラッハの図譜」に合わせるように最初に脳を動かし、原点に持ってきて変形することで、図譜に合わせて表示可能となる。また、複数の被験者の平均画像を3次元的に引き伸ばしたり、非線形的に変形したりできる。

fig:2-14
図 2-14 SPMのホームページ

(e) Cerebellar models
 <http://bbf-www.uia.ac.be/index.shtml>
 Theoretical Neurobiology Unitでは、ベルギーのアントワープ大学の外郭団体であるBorn-Bunge財団の出資を得て研究を進めている。ここでは、小脳のプルキンエ細胞のモデル化を試みている。また、Nodusというマッキントッシュ上で稼働する神経細胞シミュレータを公開している。

fig:2-15
図 2-15 Cerebellar modelsのページ

(f) SNNS(Stuttgart Neural Network Simulator)
 < http://www.inf.tu-dresden.de/~kn3/SNNSinfo/snns.html>
 SNNSは、Unixワークステーション上で稼動する神経ネットワークシミュレータソフトである。ドイツのStuttgart大学のInstitute for Parallel and Distributed High Performance System(IPVR)で開発された。SNNSシミュレータは次のような構成となっており、Web上からダウンロード可能となっている。
 1)C言語で記述されたシミュレータ。
 2)unixのX-Windowで動くグラフィカル・ユーザ・インターフェイス。

fig:2-16
図 2-16 Stuttgart Neural Network Simulator

(g) FAST(FORWISS Artificial Neural Network Simulation Toolbox)
 <http://www.forwiss.uni-erlangen.de/aknn/Projekte/FAST/fast.html>
 FASTは、元は、Michael Karl Arras氏(ドイツ)が個人の研究の支援ツールとして開発したものである。FASTは、汎用性の高いモジュール方式を採用した、バッチ志向の高速シミュレータとして設計された。異なる神経回路モデルや様々なパラメータを使用した膨大なデータを素早く解析することに特徴があり、シグナルの変化や制御等、神経回路ネットワーク分野の研究に広く応用されている。

fig:2-17
図 2-17 FASTのホームページ

(h) NETLAB
 <http://www.ncrg.aston.ac.uk/netlab/index.html
 Christopher M. Bishop(Oxford大学)が開発したパターン認識に基づく神経回路のシミュレーションソフト。デモ版がダウンロードできる。MATLAB機能を内包している。

fig:2-18
図 2-18 NETLABのページ

(i) Frogs
 <http://www.ou.dk/Nat/biology/neuro/jcd-e.html>
 Odense大学(デンマーク) Jakob Christensen-Dalsgaard(助教授)が行っているカエルの音声に関する研究。

fig:2-19
図 2-19 カエルの音声に関する研究

(2) 資源リスト
 以下に本調査で収集したNeuroinfromatics資源のリストを示す。

(a) 遺伝子レベル
① 配列データベース

資源名 URL 内容 提供機関 開発者
EMBL http://www.embl-heidelberg.de/ 核酸塩基配列のデータベース。 European Molecular Biology Laboratory   

② 統合データベース環境

資源名 URL 内容 提供機関 開発者
SWISS-PROT
(Annotated protein sequence database)
http://www.expasy.ch/sprot/
enzyme.html
タンパク質に関連したデータベース群を連鎖的に検索できるシステム。 Swiss Institute of Bioinformatics (SIB). Ron.Appel@isb-sib.ch

③ 反応・相互作用データベース

資源名 URL 内容 提供機関 開発者
TRANSFAC
(Transcription Factor Database)
http://transfac.gbf-
braunschweig.de/TRANSFAC/
インターネットからアクセスできる転写因子のデータベース。遺伝子の調節領域の配列とそこに結合するタンパク質、生物種、関連文献を集めたもの。 GBF-Braunschweig Heinemeyer, T

④ その他ゲノムデータベース

資源名 URL 内容 提供機関 開発者
MIPS http://www.mips.biochem.mpg.
de/
酵母のゲノムデータ Munich Information Centre for Protein Sequences. Kaj Alberman

(b) 分子レベル
① 解析ツール

資源名 URL 内容 提供機関 開発者
Walk http://www.physiol.cam.ac.uk/
staff/lamb/index.htm
phototransductionのG-proteinカスケードシミュレータ。 Department of Physiology, University of Cambridge Downing Street, Cambridge, CB2 3EG, UK Professor T.D. Lamb
TDL1@cam.ac.uk
HotMolecBase http://bioinformatics.weizmannac.il/hotmolecbase/ 疾患の引き金になったり、治療の標的となるような重要なタンパク質を疾患、治療薬、その細胞内の作用、関連文献、関連した研究者の連絡先(電子メールアドレスなど)などとともに目録にしたもの。 Weizmann Institute of Science Michael Rebhan
michael.rebhan@arcb
.us.astra.com

(c) 細胞レベル
① イオンチャネルデータ関連

資源名 URL 内容 提供機関 開発者
The Ion Channel Network http://www.le.ac.uk/csn/
http://pain.med.umn.edu/csn/
イオンチャネルデータベース Medical Research Council /
University of Leicester
Minnesota Supercomputer Institute/University of Minnesota
Ed Conley
ecc@le.ac.uk
GeorgeWilcox
george@lenti.med.umn.edu

② 神経回路シミュレータ関連

資源名 URL 内容 提供機関 開発者
Netlab neural network software http://www.ncrg.aston.ac.uk/
netlab/index.html
パターン認識に基づく神経回路のシミュレーションソフト。デモ版がダウンロードできる。Matlab(R)機能を内包。 Neural Computing Research Group,
Division of Electronic Engineering and Computer Science, Aston University
Christopher M. Bishop,
(cmbisiop@microsoft.com), Dr.IanNabney
(I.t.nabney@aston.ac.uk)
CORTEX-PRO http://www.reiss.demon.co.uk/
webctx/intro.html
神経回路シミュレーション。ダウンロード可能。 Department of Computer Studeies University of Glamorgan, Pontypridd LUAN M. AL-HADDAD
and COLIN MORRIS
Abstract network modeling package:
NBC(Neuro Bio Clusters)
http://bbf-www.uia.ac.be/
TNB/TNB_pub14.html
神経生理作用をクラスター分類により、シミュレートするパッケージモデル。シミュレート結果はグラフィック表示される。 B3E, Fac. Medicine Saint-Antoine, Dr J. F. Vibert
vibert@b3e.jussieu.fr
Abstract network modeling package:
NEUROGRAPH
http://bbf-www.uia.ac.be/
TNB/TNB_pub14.html
グラフィカルインターフェイスを使用した、模擬神経ネットワークのシミュレーションソフト。Hintonダイアグラム、図表等の表現が豊富。 Univ. Erlangen-Nuernberg, Martensstr. Prof. P. Wilke
wilke@informatik.uni-
erlangen.de
SNNS (Stuttgart Neural Network Simulator) http://www.informatik.uni-
stuttgart.de/ipvr/projekte/snn
s/snns.html
神経ネットワークのシミュレーションソフト。使用言語は C。XGUI(X Graphical User Interface)を使用。 University of Stuttgart,
Institute of Parallel and Distributed High-Performance Systems(IPVR) Applied Computer Science and
Image Understanding Breitwiesenstr
Niels Mache
mache@informatik.uni-
stuttgart.de
VieNet2 http://www.ai.univie.ac.at/
oefai/nn/tool.html
ANSI-C言語で書かれた神経回路シミュレーションソフト。 Austrian Research Institute
for Artificial Intelligence Schottengasse
Guenter Linhart
guenter@ai.univie.ac.at
Compartmental Modeling Package:
NODUS
http://bbf-www.uia.ac.be/
SOFT/NODUS_info.html
神経細胞(小回路等)の電気特性のシミュレーションパッケージ。Macのみ対応。ダウンロード可能 Dept Medicine, University of Antwerp, Universiteitsplein E. De Schutter
erikds@reks.uia.ac.be
Realistic network modeling package:
SWIM
http://bbf-www.uia.ac.be/
TNB/TNB_pub14.html
神経の大規模ネットワークの階層構造解析によるシミュレーションパッケージ。デスクトップUNIXワークステーション上で約1,000個のニューロンのネットワークまで扱える。 SANS(Studies in Artificial Neural Systems), NADA(Numerical Analysis and Computing Science), Royal Institute of Technology O. Ekeberg
Swim-Users-
Request@sans.kth.se

③ 解析ツール

資源名 URL 内容 提供機関 開発者
SOM_PAK(The Self-Organization Map Program Package) http://www.cis.hut.fi/
nnrc/som_pak
/
Kohonen氏が開発したSelf-Organizing Map (SOM) メソッドに基づくアルゴリズムを使用した神経ネットワーク解析プログラムパッケージ。 Helsinki University of Technology Laboratory of Computer and Information Science Rakentajanaukio 2 C, SF-02150 Espoo FINLAND Teuvo Kohonen
som@nucleus.hut.fi
LVQ_PAK(The Learning Vector Quantization Program Package) http://www.cis.hut.fi/
nnrc/lvq_pak/
Learning Vector Quantizationアルゴリズムを使用した神経ネットワーク解析プログラムパッケージ。 Helsinki University of Technology Laboratory of Computer and Information Science Rakentajanaukio 2 C, SF-02150 Espoo FINLAND Teuvo Kohonen
lvq@mail.cis.hut.fi

(d) 器官レベル
① 脳画像関連

資源名 URL 内容 提供機関 開発者
Multiple Modality Images of Heads http://www-ipg.umds.ac.uk/
archive/heads.html
脳疾患患者の脳の断面映像(CT,MR,PETによる) Neuroscience Research Centre, GKT Schoolof Biomedical SciencesKing'scollege Derek Hill
D.Hill@umds.ac.uk

② 脳に関するツール

資源名 URL 内容 提供機関 開発者
SPM(Statistical Parametric Mapping) http://www.fil.ion.ucl.ac.uk/spm/ 脳の賦活部位を統計学的なデータを用いてピクセルごとに算出できるものである。3次元の画像上にMRIを重ねたり、ACPC(原点)から何ミリ上の何ミリ横など、XYZの座標を計算することができる。 The Functional Imaging Laboratory, Wellcome Department of Cognitive Neurology, University College London Hummer Smith
Lyngby, Matlab fMRI analysis toolbox. http://hendrix.ei.dtu.dk/
software/software.html
fMRI timeseriesの分析ツールボックス。FIR-filter, Lange-Zeger, K-means, Kolmogorov-Smirnovをモデリングを行う DSP IMM DTU, Finn ?rup Nielsen fnielsen@eivind.imm.dtu.dk,
Peter Toft,
pto@imm.dtu.dk,

(e) 無脊椎動物

資源名 URL 内容 提供機関 開発者
Flybrain http://flybrain.uni-freiburg.de/ ショウジョウバエの脳の断層写真や地図、遺伝子発現地図、免疫細胞化学的なデータ、脳の発生解剖学的な影像などを集めたデータベース。ドイツの他、アリゾナ大学、日本では岡崎・基礎生物学研究所(http://flybrain.nibb.ac.jp/)にミラーサイトがある。               
Flyview http://pbio07.uni-muenster.de ドイツのミュンスター大学一般動物学・遺伝学研究所のWWWサイトで、ショウジョウバエの様々なイメージを集めたデータベース。 Westfaische Wilhelms-Universitat Munster,Institut fur Allgemeine Zoologie und Genetik, Arbeitsgruppe Entwicklungsgenetik W.Janning

(f) リンクサイト

資源名 URL 内容 提供機関 開発者
Conputers in Mental Health http://www.ex.ac.uk/
cimh/welcome.htm
トピックのキーワードから検索して、メンタルヘルスに関連するソフトウェアにが紹介されている。 Royal College of Psychiatrists m.h.briscoe@ex.ac.uk
Physiology Files & Software Archive http://www.physiology.demon
.co.uk/Software/ftp.html
生理学に関するファイルやソフトウエアのリンク集    Jim McGarrick 
j.mcgarrick@umds.ac.uk
ERTS Experimental RunTime System http://www.erts.de/ 視覚的、聴覚的な刺激に対する被験者の反応の収集に依存した、広範囲にわたる認識系図を網羅するスクリプト言語に基づくツールにリンクできる BeriSoft Cooperation Info@BeriSoft.f.uunet.de
Life Sciences Educational Computing
Resource DirectoryReviews
http://www.liv.ac.uk
ctibiol/html/software.html
Resource Directoryは生命科学の教育に関して、サーチタームから検索しオンライン上の評論やソフトウェアにリンクさせるツール
Reviewsは生命科学の教育に関して1997、8年の学会の年に出版された評論を検索できるツール
CTI Biology webmaster@cube.
biocliv.ac.uk
neural Brain Processing Group's Human Brain Project http://hendrix.ei.dtu.dk/ ヒューマンブレインプロジェクトのデンマークサイト。Lyngby,Matlab fMRI analysis toolbox, PolyReduce cvs2html等のソフトウェアを会員のみ入手可能。 Technical University of Denmark(THOR) fn@imm.dtu.dk
The BioNet Software Compendium http://www.leeds.ac.uk/
bionet/compend/contents.htm
Bio Netのメンバーによって収集されたもので、解剖学&組織学、生物化学、IT Skills&General、医学、微生物学、分子生物学&遺伝子学、生態学、生理学、植物科学、等に関するアプリケーションの概要が示され、リンクされている。 Universities of Aberdeen and Leeds Riley and Andrew Booth

(g) その他

資源名 URL 内容 提供機関 開発者
NRM(Neural Representation Modeller) http://www.sonnet.co.uk/nts/ 脳の認識反応の研究結果を応用したシステム。 Neural Systems Engineering Group,
Imperial College, LONDON UK.(開発), Novel Technical Solutions(販売)
neural@nts.sonnet.co.uk
WAND(Weightless Artificial Neural Designer) http://www.sonnet.co.uk/nts/ 脳の認識反応の研究結果を応用したシステム。 Neural Systems Engineering Group, Imperial College, LONDON UK.(開発)、Novel Technical Solutions(販売) neural@nts.sonnet.co.uk
A wave program http://www.physiol.cam.ac.uk/
staff/lamb/Awave/index.html
遅延ガウス曲線の表現を用い、理論上の図を実験記録に適合させるプログラム。 Neural Systems Engineering Group, Imperial College, LONDON UK.(開発)、Novel Technical Solutions(販売) TDL1@cam.ac.uk
Virtual Neurosurgery http://neuronott.pathol.nottingh
am.ac.uk/
外科手術の バーチャルモデル。脳の断面映像が示され、手術器具の挿入方法や技術等をシミュレーションで学べる。 Queens Medical Centre in Nottingham Nick Phillips
(Department of Neurosurgery, Leeds General Infirmary)
Face Recognition by Dynamic Link Matching http://www.wisdom.weizmann.ac.il/~edelman/htmlbook96/wiskott 111名の人間の顔のデータベースを基に、認知メカニズムをシミュレートしたシステム。 Institute Neuroinformatics, Ruhr University Bochum D-44780 Bochum, Germany Laurenz Wiskott
wiskott@wiko-berlin.de
Neuronal Populations in Visual CortexⅠ、Ⅱ http://www.neuroinformatik.
ruhr-uni-bochum.de/ini/
PROJECTS/
ENB/bericht/e_kap_1.html
ニューロンの個体群の時間依存的な表現、非線型な相互作用の研究のためのシミュレーションシステム。 Ruhr-University、Germany Amir.Akhavan@neur
oinformatik.ruhr-uni
-bochum.de
Nnelmos (Neuronale Netze lernen mit Osnabruecker Studenten) http://Rhinos.cl-ki.uni-
osnabrueck.de/nn/index.eng.html
遺伝学的アルゴリズムによる、神経回路の学習機能シミュレーションツール。グアフィカルインターフェイスにより視覚化。 Osnabrueck University, Germany Tobias Thelen nntthele@cl-ki.uni-o
snabrueck.de
BioChem Thinker http://www.md.huji.ac.il/
BiochemThinker/
医学部内でのコンピュータの利用や電子コミュニケーションを増やすことを目的としたシンキングツール。様々な臨床状況における生物化学プロセスの統合、理解を助ける Hebrew University of Jerusalem's Faculty of Medicine Barak Hershkovitz
barakh@cc.huji.ac.il
Histology of Nerve Tissues http://www.leeds.ac.uk/
bionet/compend/bnt17pst.htm
人間の神経組織の主な構成要素の構造を巨視的、微視的に取り扱うツール。末梢神経組織、中枢神経組織、自律神経組織の3つに分けて取り扱われる Department of BioMedical Sciences, Marischal College University of Aberdeen mas@abdn.ac.uk

① 解析ツール関連

資源名 URL 内容 提供機関 開発者
Scilab http://www-rocq.inria.fr/scilab/ データ解析、ビジュアル化ツール Institut national de recherche en informatiqueet en automatique (INRIA) Scilab@inria.fr
The NNSYSID toolbox wysiwyg://224/
http://kalman.iau.dtu.dk/
research/control/nnsysid.html
非線型ダイナミックシステムによる神経ネットワーク解析ツール。 Department of Automation Technical University of Denmark JorgenRasmussen
pmn@iau.dtu.dk
NNUGA(Neural Network Using Genetic Algorithms) http://www.cs.bgu.ac.il/
~omri/NNUGA/
神経回路の構造を自然淘汰、交差、変異等、進化の理論に基づくアルゴリズムを用いて解析するプログラム。 By Omri Weisman and Ziv Pollack Omri Weisman
omri@cs.bgu.ac.il

(3) 研究者リスト
 以下に本調査で収集した研究者のリストを示す。

No 研究者名 所属機関 研究内容
1 Per Roland Dept. of Neuroscience Division of Human Brain research
Karolinska Institute, Sweden
http://amine.hin.ki.se/neuro/div4.html
教授。人間の脳の構造及び機能研究。
O. Ekeberg SANS(Studies in Artificial Neural Systems),
NADA(Numerical Analysis and Computing Science),
Royal Institute of Technology, Sweden
E-mail: Swim-Users-Request@sans.kth.se
神経の大規模ネットワークの階層構造解析によるシミュレーションパッケージ SWIMの開発
Bjaalie, Jan G. Professor of Neural Systems and Graphics Computing Laboratory (NeSys), Norway
j.g.bjaalie@basalmed.uio.no)
ラットの小脳及び小脳の解剖学的地図作成。
Teuvo Kohonen Helsinki University of Technology Laboratory of Computer and Information Science ,Finland
E-mail: som@nucleus.hut.fi
Self-Organizing Map (SOM) メソッドに基づくアルゴリズムを使用した神経ネットワーク解析プログラムパッケージ SOM_PAK(The Self-Organization Map Program Package)の開発。 Learning Vector Quantizationアルゴリズムを使用した神経ネットワーク解析プログラムパッケージ LVQ_PAK(The Learning Vector Quantization Program Package)の開発。
Jorgen Rasmussen Department of Automation Technical University of Denmark
E-mail: pmn@iau.dtu.dk
非線型ダイナミックシステムによる神経ネットワーク解析ツール(The NNSYSID toolbox)の開発
Peter Tof DSP IMM DTU ,Denmark
pto@imm.dtu.dk
fMRI timeseriesの分析ツールボックスの開発
Niels Ole Bernsen Professor. Centre for Cognitive Science, Roskilde University, Denmark
Nob@cog.ruc.dk
認知の研究。
Erik De Schutter Professor of Born-Bunge Foundation University of Antwerp. Head of the Theoretical Neurobiology Laboratory, Belgium
E-mail: erikds@reks.uia.ac.be
神経回路シミュレータの開発。理論神経生物学。アントワープ大学の外郭団体、Born-Bunge財団で開発している小脳のプルキンエ細胞のモデル化(NODUS)開発の研究主任。
van Pelt, Jaap Netherlands Institute for Brain research, Amsterdam
J.van.pelt@nih.knaw.nl
脳及び行動科学分野のデータを理解し、利用するためのツール、データベース開発。
10 Brian Randell Professor of Newcastle University,UK
Brian.Randell@newcastle.ac.uk
コンピュータサイエンス。
11 Hummer Smith Functional Imaging Laboratory, Wellcome Department of Cognitive Neurology, UK
University College London
SPM(Statistical Parametric Mapping)の開発
12 Derek Hill Neuroscience Research Centre, GKT School of Biomedical SciencesKing's college ,UK
E-mail: D.Hill@umds.ac.uk
CT,MR,PETによる脳疾患患者の脳の断面映像の収集
13 T.D. Lamb Department of Physiology, University of Cambridge, UK
E-mail: TDL1@cam.ac.uk
phototransductionのG-proteinカスケードシミュレータ(Walk)の開発。
14 Ian Nabney Department of Computer Studeies University of Glamorgan ,UK
E-mail: I.t.nabney@aston.ac.uk
パターン認識に基づく神経回路のシミュレーションソフト(Netlab)の開発
15 LUAN M. AL-HADDAD Department of Computer Studeies University of Glamorgan, UK 神経回路シミュレータ(CORTEX-PRO)の開発
16 Guenter Linhart Austrian Research Institute for Artificial Intelligence
E-mail: guenter@ai.univie.ac.at
神経回路シミュレーションソフト VieNet2の開発
17 Verschure, Paul F.M.J. Institute of Neuroinformatics, Zurich, Switzerland.
pfmjv@ini.phys.ethz.ch
統合認識論。脳内で行われる学習、行動の理論及び方法論の構築。ロボットへの応用。
18 Dr. Rodney Douglas Institute of Neuroinformatics, Switzerland
Rjd@neuroinf.ethz.ch
大脳皮質の神経回路シミュレーション、解析等。カリフォルニア大学客員教授。
19 Dr. Peter Baumann Bavarian Research Centre for Knowledge-Based Systems (FORWISS)
baumann@forwiss.tu-muenchen.de
多次元DB、オンラインマルチメディアDBシステムの開発、オブジェクト指向DBの開発。
20 P. Wilke Univ. Erlangen-Nuernberg, Martensstr, Germany
E-mail: wilke@informatik.uni-erlangen.de
模擬神経ネットワークのシミュレーションソフトNEUROGRAPHの開発。
21 Niels Mache University of Stuttgart, Institute of Parallel and Distributed High-Performance Systems(IPVR) Applied Computer Science and Image Understanding, Germany
E-mail: mache@informatik.uni-stuttgart.de
神経ネットワークのシミュレーションソフトSNNS(Stuttgart Neural Network Simulator)の開発
22 Erlhagen, Wolfram Institut fuer Neuroinformatik, Ruhr-Universitaet Bochum Germany
Wolfram.Erlhagen@neuroinformatik.ruhr-uni-bochum.de
Theoretical Biology. 物体の認識、探索、位置の把握等が可能なロボットの開発。
23 Kaj Alberman Munich Information Centre for Protein Sequences, Germany 酵母のゲノムデータ(MIPS)の構築。
24 W. Janning Westfaische Wilhelms-Universitat Munster,Institut fur Allgemeine Zoologie und Genetik, Arbeitsgruppe Entwicklungsgenetik, Germany ショウジョウバエの様々なイメージを集めたデータベースの構築
25 Dr J. F. Vibert Medicine Saint-Antoine, France
E-mail: vibert@b3e.jussieu.fr
神経生理作用をクラスター分類により、シミュレートするパッケージモデル NBC(Neuro Bio Clusters)の開発
26 Vincent Torre Prof. of International School for Advanced Studies, Trieste,ITALY
torre@sissa.it
神経回路のモデル化。
27 Beltrame, Francesco Department of Communication, Computer and System Sciences University of Genoa, Italy
francesc@dist.unige.it
バイオエンジニアリング分野の助教授。生体模倣、生体機能の可視化等。磁気共鳴、X線断層撮影、超音波等の方法による診断及び治療への応用を目的としている。
28 Michael Rebhan Weizmann Institute of Science
E-mail: michael.rebhan@arcb.us.astra.com
HotMolecBaseの構築
29 Omri Weisman omri@cs.bgu.ac.il 神経回路の構造を自然淘汰、交差、変異等、進化の理論に基づくアルゴリズムを用いて解析するプログラム NNUGA(Neural Network Using Genetic Algorithms)の開発
30 Heinemeyer, T GBF-Braunschweig GBF-Braunschweig 転写因子のデータベース(TRANSFAC)の構築