報告書: ニューロインフォマティクス動向調査報告書 (1999年度)

1 調査概要
1.1 調査目的
1.2 調査方法
1.3 OECD勧告案
1.4 調査の範囲
1.4.1 Neuroinformaticsの具体的なイメージ
1.4.2 Neuroinformatics調査対象とする研究範囲
1.4.3 Neuroinformaticsの資源
1.4.4 Neuroinformatics関連の研究者
2 Neuroinformaticsの現状
2.1 Neuroinformaticsに関連した雑誌、国際会議
2.2 Webの調査
2.2.1 米国の現状
2.2.2 欧州の現状
2.2.3 日本国内の現状
2.3 ヒヤリング調査
2.3.1 ヒヤリング対象者
2.3.2 Neuroinformatics資源のニーズ
2.3.3 Neuroinformatics資源のニーズ
2.3.4 Neuroinformatics発展の妨げとなる問題点
3 Neuroinformatics推進のための施策
3.1 脳・神経科学研究分野の発展状況
3.2 全体の施策
3.2.1 Neuroinformaticsの発展
3.2.2 Neuroinformaticsの施策
3.3 理化学研究所 脳科学総合研究センターの施策
3.3.1 理化学研究所 脳科学総合研究センターの位置付け
3.3.2 理化学研究所 脳科学総合研究センターの施策
3.3.3 施策実全の方法と問題点の整理
4 まとめ